ペーパーディスプレイ工場 by 株式会社マスパック

営業時間 9:00-18:00 定休日:土日祝

東京 03-5540-5656

大阪 06-6340-5321

社長ブログ

最新エントリー

ひとりごと   降伏するということ

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

2月にロシアがウクライナに侵攻した直後、軍事力に圧倒的な差があるということだったので、私はウクライナは早々に降伏するものだと思っていました。実弾が飛び交えば多くの国民に犠牲が出ることを考えるとその方がましだろうと思ってたからです。しかし4ヶ月経った今でもウクライナは抵抗を続けています。降伏するということについての考えが私は甘かったと思っています。

昔から日本の戦(いくさ)というのは、主に権力者間の戦いで、支配される一般の者は、皆殺しに会うわけではなく、戦に勝ったものに付けばいいという感じでした。武士ですら、戦況を見ながら勝ちそうな側に寝返るというのが常だったと聞いています。また、太平洋戦争は日本の無条件降伏という形で終わりました。東京裁判という不当な裁判やシベリア抑留などの悲劇はありましたが、戦後、日本はアメリカによる占領時に保護を受け、その後の発展につなげることができたのだと思います。さらに、最近の企業買収でも、新たな経営者が、穏便に経営を引き継ぐことが多いようです。

しかし、民族や宗教が異なる多くの外国では降伏した者は皆殺しにあったり、奴隷として売買されてきた歴史があります。ゼレンスキー大統領としても、ロシアに降伏すれば国民がどのようなことになるのかよくわかっていたのだと思います。私のような考えを平和ボケというのかもしれません。

ひとりごと Withコロナ時代に向けて

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

先週、コロナ感染防止に関して、夏に向けてのマスクの着用について政府から以下のコメントがありました。「人との距離が十分(2m以上)取れれば、屋外では必ずしも必要ではない」

これから気温や湿度が上昇するために、熱中症などのリスクと感染のリスクとのバランスを取っていかなければならないと思います。前から言っているように、国民全員同時にやる必要はありません。それぞれ健康状態や家族の状況など違うのですから。

さらに、子どもの場合は、できるだけ早くマスクを外してやりたいと考えます。先生や友達の表情を読み取ることなく幼児期や小学校低学年期を過ごすことに私は大きなリスクを感じます。人は相手の微妙な表情の変化から感情を読み取りながらコミュニケーションをします。「人の顔色を見る」というのは悪いことだけではないはずです。すでにこの2年間マスク生活をしていて、子どもたちにこの能力がどこまで育っているのか疑問です。コロナは完全になくなりません。感染リスクだけでなく、いろいろな観点からWithコロナ時代の生き方を考えていかなければならない時だと考えます。

ひとりごと  ロシアのウクライナ侵攻について

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

ロシアのウクライナ進行が始まって2か月半になりました。先日テレビでのフランス人の歴史学者へのインタビュー内容が印象に残りました。

曰く、まさかこの時代に戦争が起きるとは予想もしなかったが、さらにこの戦争で予想が当たらなかったことがふたつある。ひとつ目は、ロシアの軍事力がここまで弱いとは思わなかったということ。確かに私もロシアの圧倒的な軍事力により2週間ほどで決着がつくものと思っていました。実際にはウクライナの必死の抵抗や欧米などの支援によりロシア軍を押し返しています。ふたつ目は、ロシアの経済がここまで強いとは思わなかったということ。西側の厳しい経済制裁にもかかわらず、ロシアでは多少のインフレはあるものの市民生活に大きな影響がある訳ではないようです。貿易収支も黒字で、一時暴落したルーブルも以前の水準に戻っています。むしろ西側諸国の方がエネルギー、食糧や資源の不足による物価高により大きな影響を受けています。

これまで、様々な危機を言い当ててきた学者でも今回の戦争の経過、結果は全く読めないということ。私たちはしっかりウォッチしていかなければなりません

ミニ大阪マラソン

2月27日に一般参加の部が中止になった大阪マラソン。
リベンジとばかり、ランニング仲間5人が集まって、大阪市内を走ったり歩いたりしました。

大阪城公園駅近くに最近できたランニングステーションで着替え→大阪城公園→中之島→大阪市役所→御堂筋→心斎橋→道頓堀→高津宮→真田山→ランニングステーションに戻る、19㎞でした。

絶好の天気に恵まれ、楽しい会になりました。

220410OSAKARUN.jpg

ひとりごと メタバース初体験

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

 先週、新聞でメタバースが特集されており、伊勢丹のバーチャル店舗が紹介されていました。早速スマホにインストールして試しました。

隣の部屋に入るたびに読み込みが始まり5Gにしなければ快適には使えなさそうであること、実際に季節の変わり目ということもあるのか売り切れの商品が多いこと、こんな小さな画面で見た商品を消費者が買う気になるのかというのが感想です。

ひとりごと そろそろ政策転換を

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

 政府の無駄遣いについては再三指摘しています。年金に5,000円上乗せする話は世論の反発を受け、取りやめになったようです。次に出てきたのは、新たなGo Toトラベルです。未決定ではありますが、大型連休明けから、今の県民割を地域ブロックに拡大して再開しようというものです。

 これまでお金を使えなかった多くの人がリベンジ消費として使い始めます。国が補助金を出さなくても旅行したい人はするに違いありません。中にはまだ早いと考える人もいて、ちょうどいい具合になると思います。逆にこのようなキャンペーンをすると、人がいっぺんに動き出すことにより、感染予防という観点からも決していい結果にならないと考えます。

 先週には円がドルに対して大きく価値を下げました。国はそろそろ垂れ流しを止めて、財政負担を減らさねばなりません。財政がさらに悪化すれば円安に歯止めがきかなくなってしまいます。円安は輸入物価の上昇につながり、生活を圧迫します。それを止めようと金利を上げれば、財政はますます悪化するという悪循環を生みます。

 コロナ対策もそろそろ転換の時だということを、みんなが知るべきだと考えます。

ひとりごと  ロシアの軍事侵攻について

(毎週月曜日に社員向けに社長新聞を発行しています。その末尾の記事、「ひとりごと」を転載します。
世間の出来事をいろいろな側面から見てみようという意図もあるので、かなり偏った表現もありますが、ご容赦ください。  増田昭雄)

ついにウクライナで戦争が始まってしまいました。数日中に始まるぞとアメリカが警告する中、まさかその通りになるとは思っていませんでした。世界地図を見るとウクライナの領土はロシアに深く食い込んでいるので、ウクライナがNATO(北大西洋条約機構)に加盟したら、ロシアとしてはモスクワに向けてミサイルを配備されるのではないかと強い恐怖を持つことはわかります。しかし実際に軍事侵攻していいということではない。さらに、あらかじめ仕組まれたサイバー攻撃によりウクライナ国内では銀行決済ができない状態になっているとの情報もあります。ブーチンは直ちに硬軟ともに攻撃をやめるべきで、国際社会は一致してそれにむけて協力しなければならないと考えます。

イスラエル人の歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリは著書「ホモ・デウス」の冒頭で、人類は有史以来何千年もの間、苦しめられてきた3つの課題を、ここ数十年間でほぼ克服できるようになったといいます。3つの課題とは、飢餓、疫病、戦争です。食料がなくて亡くなる人に比べ、過食がもとで亡くなる人がはるかに多い。疫病は医学の発達により大流行する前にほぼ撲滅できた。戦争は局地的なものを除けば外交で解決してきたし、戦死者に比べ自殺者の方がはるかに多いことを根拠にしています。しかしコロナ後この考えは成り立たなくなったと思います。再び戦火が広がり、人類は愚かなことを繰り返す、そのようなことにならないようにと祈っています。

また、これでかすんでしまった、ミャンマー、アフガニスタン、トンガのことも忘れてはならないと思っています。

大阪マラソンは中止になりました

2月27日に予定されていた大阪マラソンは、新型コロナによるまん延防止措置が継続している関係で、一般参加者は中止、競技だけが行なわれることになりました。

残念ながらまたの機会にということになりましたが、内心ほっとしているというのが正直な気持ちでもあります。

雪のマキノに行ってきました

滋賀県、湖北のマキノには昨年トレイルや里山歩きに3度訪れましたが、日本の原風景が残っているとてもいいところです。先週、大雪が降ったことを聞いていたので、様子を見ようと行ってきました。

道路は除雪がなされていて、完全に乾いています。一方除雪がされていないところでは、長靴を履いていても膝くらいまで雪に沈みます。

メタセコイアが2.4㎞も続く並木などを歩いてきました。

天気が良く寒くもない中、いい運動でした。

220213makino1.jpg

220213makino2.jpg

明けましておめでとうございます

220101hatuhiS.jpg

明けましておめでとうございます

ブログを見てくださるみなさま。いつもありがとうございます。

今年もよろしくお付き合いください。

みなさまにとって、よい1年でありますよう。

毎年と同じように年が明け、同じように朝ランで吹田市古江台の展望台からの初日の出を拝んできました。同じようにできることのありがたみを感謝します。

初詣は豊中、吹田市内の4社に。無事の報告と感謝をお伝えしてきました。

220101hatumoude.jpg



お問い合わせフォームへ

売れるPOP&ディスプレイのお問合せは...

100個以上のまとまったPOP&ディスプレイ、企画から自社工場生産でコストカット!

中量産のディスプレイ(什器)の問題(納期・コストなど)の相談大歓迎です。
ペーパーディスプレイ工場(株式会社マスパック)〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-3

大阪本社:06-6340-5321

東京本社:03-5540-5656

お問合せフォームへ